海外BO

海外バイナリーオプション と 海外FX オススメ会社

海外バイナリーオプションについて

海外バイナリーオプション

当サイトは、「海外バイナリーオプション」について
の情報提供サイトです。
海外バイナリーオプション業者も紹介しています。

 

最近、日本で注目を浴びている
バイナリーオプションですが、
元々は海外で人気の金融商品でした。

 

海外では、サービス提供の歴史が長い分、サービスに関して海外業者の方が優れている点がいくつかあります。

 

 

(バイナリーオプションについては、「バイナリーオプションとは?二者択一で予想する金融商品」のページへどうぞ。)

海外バイナリーオプション会社の優れているポイント

即□座開設で即取引可能

海外バイナリーオプションの特徴

国内のFX会社が扱っているバイナリーオプションよりも
□座開設までの時間が短いのが、海外バイナリーオプション専門会社のメリットです。

 

国内のFX会社が扱っている
バイナリーオプションの場合、
ともすれば□座開設まで1週間程度の
時間を必要とする場合もありますが、海外バイナリーオプション専門会社の場合、
3分間で□座開設までの手続きを済ませられるところもあります。

 

クレジットカードでの入金が可能
海外バイナリーオプションの特徴

また、海外バイナリーオプション会社の場合、
クレジットカード入金が可能です。
日本ではまだクレジットカードでの入金は、
認められていませんが、
海外バイナリーオプション会社の場合、
日本国内の法律などには準拠しないため、
国内では認められていないサービスを受けることができます。

 

クレジットカードでの入金はショッピング枠を使い、
出金時はキャンセル扱いとなります。
 慣れると凄く便利です。

 

取扱商品が豊富

海外バイナリーオプションの特徴

海外バイナリーオプション会社のメリットは為替だけではなく
株式、株価指数、商品指数、金や銀・原油などのコモディティ(商品)まで銘柄が豊富で数多く選択できるというところにあります。

 

個別銘柄では
「Google」や「Apple」、「Microsoft」などの有名企業があり、
株価指数では「日経225」「S&P500」「Hang Seng」、
商品では「Gold」「Silver」「Oil」等があります。

 

通貨に関しても国内ではまず見かけない通貨ペアも用意されています。

 

状況に合わせた勝負ができる数種類の注文方法

注文方法は、「60セカンド」「境界取引」
などの国内のバイナリーオプションにはない多様な方法があります。

海外バイナリーオプションの特徴

一方、「ハイロー」「ワンタッチ」「レンジ」などの取引方法も標準的に選択が出来ます。

 

どんな状況でも勝負する事が出来、相場状況に合わせて勝ちやすい取引を行えます。

 

自由なエントリータイミング

海外バイナリーオプションの特徴

海外のバイナリーオプションはエントリーのタイミングが固定されていなく
いつでも自由にエントリーができます。
指標発表前の相場の動きを想定した取引が可能となります。

 

また時間内であれば複数の注文もできるので状況に合わせて
買い増しなどで大きく収益を出すチャンスがあります。

 

スプレッドがない

海外バイナリーオプションの特徴

日本のバイナリーオプションでは
純粋な上下ではなく中間の部分にスプレッドがある場合があり
ますが、海外の場合はスプレッドがなく上下のみとなっています。

 

スプレッドがないので期限時の価格が同じ場合がありますが
この場合は引き分けとなり全額が戻ってくるフェアな仕組みになっています。

 

充実したボーナス制度

海外バイナリーオプションの特徴

海外バイナリーオプション業者では、
初回入金に対してのボーナスが充実しています。

 

ボーナスは取引で利用する為の金額となりますが
業者によっては一定取引条件を満たす事で出金も可能となっています。

 

初回入金に対して50%や100%のボーナスを付与してくれるところもありますので、
豊富な資金で取引を行う事ができます。

 

期限前の途中決済が可能

海外バイナリーオプションの特徴

海外バイナリーオプション業者の全てではありませんが、
オプションの途中決済が可能となっています。

 

勝ちを確定する
場合もあれば負けを確定する場合もあります。

 

FXや株式売買などの「損切」のように利用できますが、
負けを確定する場合は
ゼロではなく状況により金額が戻ってきます。

 


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。